鶏胸肉のソテー、ペット ディ ポッロ

スポンサーリンク

イタリアの大衆的な食堂なんかではよく見かけるメニューじゃないでしょうか。
Petto di pollo(ペット ディ ポッロ)は、鶏胸肉のソテーで、イタリアではポピュラーな一皿だと思います。
petto di pollo.jpg
【材料1人分】
鶏胸肉 300g
ミニトマト 6個
ベビーリーフ 1/2パック
、黒胡椒、小麦粉、EXオリーブオイルバルサミコ赤ワインビネガーレモンジュース 適量
【作り方】
鶏肉にちょっと強いかなぐらいに塩、胡椒をしてしばらく置いておき、焼く直前に小麦粉をまぶします。
ミニトマトを半分に切って、ベビーリーフとともに、塩、胡椒、EXオリーブオイル、赤ワインビネガー、バルサミコで味をつけます。
フライパンにオリーブオイルを入れ中火強で熱し、鶏肉を皮目から焼きます。
表面をしっかりと焼いたら裏返して弱火にしてじっくり火を通します。
串を刺して中まで温まっていたら、サラダとともにお皿に盛りつけてオリーブオイルをひとまわししてレモンジュースを数滴足らしたら完成です。
【所要時間】15分
【コメント】
売ってた中で1番小さいサイズを選んだのですが、それでも300gありました。(苦笑)
鶏胸肉は高タンパク低カロリーなので栄養的にもお薦めです。
小麦粉はたいてからゆっくりと火を通せばパサつきにくいですし。
例によって付け合わせのサラダはお好きなものをお好きなだけ。
いっそ鶏肉よりもサラダが多いぐらいでもいいかもしれません。

コメント