スポンサーリンク

鶏もも肉とタマネギ、ブロッコリーのトマト煮込み

焼いた鶏が食べたくなってもも肉を買って帰ったら、冷蔵庫にトマト缶の残りがあったので使うことにしました。
この暑さの中、煮込み? となるとちょっと躊躇されてしまうかもですが、トマトの酸味も食欲をそそりますし、タマネギとブロッコリーとの相性も良くて意外とあっさりいける感じです。
pollo al pomodoro con cipolla.jpg
【材料1人分】
鶏もも肉 160g
ダイスカットトマト缶 1/3缶
オリーブオイル スプーン2杯
赤ワインビネガー スプーン2杯
ブロッコリー 1/3株
タマネギ 1/4個
ニンニク 1片
唐辛子 1本
バター 10g
塩、黒胡椒、強力粉、パルミジャーノ、バジル 適量
【作り方】
鶏肉を常温に戻し、ちょっと強いかなぐらいに塩、胡椒して5分ほど置き強力粉をはたきます。
ブロッコリーを塩茹でしておきます
タマネギはくし型にカットします。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
ニンニクと唐辛子をいったん取り出して中火強にして、タマネギを加えます。
焼き色がついたら、ひっくり返して鶏肉を加えて皮目から焼いていきます。
鶏肉はあまり触らずにしっかりと焼き色をつけます。
焦がすのはダメですが、焼き色が後で煮込んだときソースのコクになってくれますので、出来るだけ我慢してしっかりと焼きます。
きちんと焼き色がついたら、裏返して同じような焼き色がつくまでしっかり焼きます。
両面焼き色がついたら、赤ワインビネガーを入れて水分を飛ばします。
トマト缶とちぎったバジルを加え軽く煮込みます。
ソースの濃度を調整したらバター、ブロッコリー、パルミジャーノを加えざっくりと混ぜます。
お皿に盛って香りのオリーブオイルをひとまわしして黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
トマトの酸味を残したかったので、あまり長く煮込まずに5分ぐらいで火を止めました。
もちろん残ったソースはバゲットできれいにして食べます。
この時期はワインビネガーやレモンで酸味をうまく使って、暑さを乗り越えていければと思います。

コメント