スポンサーリンク

鰹のタタキとパプリカの冷製スパゲッティーニ

僕の中ではもはや定番となっているものの、今季はじめての鰹のタタキの冷製パスタ。
いつもは揚げた茄子を冷ましてあわせているのですが、今回はなにか違うものをと思ってパプリカを使ってみました。
はたして結果は???
spaghettini freddi al tonnetto.jpg
【材料1人分】
スパゲッティーニ 100g
鰹のタタキ 1/2パック
パプリカ赤 1/2個
パプリカ黄 1/2個
ミニトマト 6個
ケッパー塩漬け 8個
ニンニク 1片
EXオリーブオイル 大さじ4
バルサミコ 大さじ1
赤ワインビネガー 大さじ1
レモンジュース 数滴
岩塩、胡椒、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
パプリカを丸ごとアルミホイルで包み、オーブントースターで1時間強焼きます。
(普通のオーブンや魚を焼く網焼きでも大丈夫です)
温かい内に皮を剥いて種を取り、1/2個分を適当な大きさに切ります。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除いて適当な大きさに切ります。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイル大さじ2を入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
ニンニクがキツネ色になってきたら、オイルごとパプリカとともにボウルに入れて氷水に当てて冷やします。
ソースを作ります。
ミニトマトを1/2に切り、一口大に切った鰹、ケッパーと一緒にボウルに入れ、塩をしてよく混ぜます。
赤ワインビネガー大さじ1を加えてよく混ぜます。
バルサミコ大さじ1を加えてよく混ぜます。
先ほどのオイルとパプリカ、別にEXオリーブオイル大さじ2を加えてよく混ぜます。
出来たソースにを加え、冷蔵庫で冷やしておきます。
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
パスタを表示時間より1分長めに茹でます。
茹であがったパスタを氷水にとり、一気に冷やします。
キッチンペーパーなどを使ってしっかりと水分を取ります。
ボウルの中でソースと和わせ、お皿に盛ってレモンジュース数滴加えて黒胡椒を挽き、イタリアンパセリを散らしたら完成です。
【所要時間】100分
【コメント】
時間が100分になってますが、パプリカ焼いてる間は他のこと出来ますのでお気軽にどうぞ。
で、肝心の茄子の代わりにパプリカですが、僕の中では「まぁ失敗することはないだろう」的な、ちょっと守りに入った感のチョイスでした。
実際作ってみても美味しかったんですが、なんかハードヒットでエース狙ったというよりはコース狙って置きに行った感が・・・・・・(苦笑)
ほんとはなにか葉物をあわせてみたかったんですが、ピンとくるものがありませんでした。
タマネギも考えたんですけど、それこそポン酢でタタキのイメージになっちゃいそうですし。
といろいろ考えていたところ、ちょっと面白そうな組み合わせを思いついたので次回試してみます。
野菜コーナーにまだあるといいんですけどね~。

冷製
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント