スポンサーリンク

鰹のタタキとアボカドのバルサミコ風味の冷製エリーケ

いつもの鰹のタタキとアボカドの冷製パスタにアンチョビとケッパーを加えショートパスタで作ってみました。
暑さにやられてるのか、気持ちバルサミコとレモンを多めな感じで。
ええ、体が欲するがままに、と言いますか体の発する感覚には素直に従うタイプです。
食べすぎだけは注意したいところですが。
(食べるとすぐ太りますので・苦笑)
eliche fredde al tonnetto.jpg
【材料1人分】
エリーケ 100g
鰹のタタキ 100g
アンチョビフィレ 2切れ
ケッパー酢漬け Tスプーン1杯
ミニトマト 6個
アボカド 1/2個
EXオリーブオイル 大さじ2
バルサミコ 大さじ1
白ワインビネガー 大さじ1
レモンジュース、 大さじ1弱
岩塩、黒胡椒、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
ミニトマトを十字に切り、一口大に切った鰹と皮を剥いて適当な大きさに切ったアボカド、刻んだアンチョビフィレとケッパーと一緒にボウルに入れ、やや強めに塩をしてよく混ぜます。
白ワインビネガー、バルサミコ、EXオリーブオイルの順に加えながらその度よく混ぜます。
出来たソースを冷蔵庫で冷やしておきます。
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
パスタを表示時間より1分長めに茹でます。
茹であがったパスタを氷水にとり、一気に冷やします。
キッチンペーパーなどを使ってしっかりと水分を取ります。
ボウルの中でソースと和わせお皿に盛ってレモンジュースを加え、刻んだイタリアンパセリを散らし黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】30分
【コメント】
ショートパスタで作った方が前菜感覚といいますかサラダ感覚といいますが、当たり前ですけどロングパスタとはまたちょっと違った雰囲気になります。
「早くもどり鰹の時期になんないかなぁ」なんて思ったりもするんですけど、その頃には冷製パスタどころではないかもしれないです。
とはいえ、今出回っている鰹で作っても充分美味しいんですけどね。(苦笑)

冷製
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント