鰹のタタキとアボカド、アンチョビのエリーケ

スポンサーリンク

いつもの定番の冷製パスタ・・・・・・ではありません。
さて、どこが違うのでしょうか?
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
ジツはこれ、茹であがったパスタを冷やさずにそのままソースに絡めてます。
eliche al tonnetto e avocado.jpg
【材料1人分】
エリーケ 100g
鰹のタタキ 100g
アンチョビフィレ 2切れ
ケッパー酢漬け Tスプーン1杯
ミニトマト 6個
アボカド 1/2個
EXオリーブオイル 大さじ1
バルサミコ 大さじ1/2
白ワインビネガー 大さじ1/2
レモンジュース 数滴
岩塩、黒胡椒、クレソン 適量
【作り方】
ミニトマトを十字に切り、一口大に切った鰹と皮を剥いて適当な大きさに切ったアボカド、刻んだアンチョビフィレとケッパーを一緒にボウルに入れ、塩をしてよく混ぜます。
白ワインビネガー、バルサミコ、EXオリーブオイルの順に加えながらその度よく混ぜます。
出来たソースを常温で置いておきます。
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
パスタを表示時間通りに茹でます。
茹であがったパスタをボウルの中でソースと和わせ、お皿に盛ってレモンジュースを加えクレソンを散らして黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】30分
【コメント】
常温のソースに温かいパスタ、というのは組み合わせによってときどきやります。
なんでしょう?
気分は鯛茶漬けみたいな感じでしょうか?(←たぶん違う・笑)
この鰹のタタキとアボカドの冷製パスタでやってみたのは初めてだったのですが、鰹にほんのりと熱が加わるとともにアボカドがパスタの熱でねっとりと溶け出す感じが美味しいです。
同じソースでも温度が変わることによってまた違った雰囲気をお楽しみいただけますので、ぜひぜひお試しくださいませ。

コメント