鮎のラグーソースのヴェルミチェッリ

スポンサーリンク

いつものスーパーにいつも鮎が並んでるんです。
養殖ですけど。
数日前にとある方のSNSで鮎のパスタを目にして美味しそうで、「ちょっと時期じゃないよなぁ・・・・」と思いつつも、「そういえば今年、鮎食べたっけ?」というのもあって作ってみました。
合わせたのは太めのパスタ、ヴェルミチェッリです。
しっかりとした食感ともちもち感、あふれる小麦の香りが抜群です。
vermicelli al ragu di Ayu.jpg
【材料1人分】
ヴェルミチェッリ 100g
鮎 1匹
アンチョビペースト Tスプーン1杯
EXオリーブオイル スプーン4杯
ダイスカットトマト缶 スプーン3杯
バター 10g
塩(細粒)、塩(粗粒)、白ワイン、香りのEXオイル、レモンジュース、黒胡椒、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
鮎を網で焼きます。
鮎が焼けたら頭と尾、ヒレを落として身を外し、骨とワタをフードプロセッサー等で細かくします。
(包丁で叩いていただいてもOKです)
骨が当たらなくなったら身の部分を加え、軽くフードプロセッサーを回します。
フライパンにオリーブオイルとバター、アンチョビペーストを加え中火弱で加熱します。
バターが溶けてアンチョビペーストの香りが立ってきたら細かくした鮎を加え、中火強にして少し火を入れ温度が上がってきたら白ワインを加えアルコールを飛ばします。
ダイスカットトマトを加え弱火で火を入れます。
パスタをパッケージの茹で時間より2分短く茹でます。
残り1分でソースと同量弱のパスタの茹で汁を加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを3分ぐらいかけてソースに和え、EXオイルと茹で汁、塩で味と濃度を調えます。
(僕はこのとき塩は使っていません)
お皿に盛りつけてレモンジュースと香りのEXオイルをひとまわしして黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】40分
【コメント】
時期が時期だし養殖ものだし、あまり大きな期待はしていなかったのですが、意外に香りもしっかりとしていて美味しかったです。
初めて作ったのでプロトタイプといいますかオーソドックスにと思いながら、鮎の香りをシンプルに味わえるようにしてみたつもりです。
1度作ると、ふとなにかのときに思い出したりしますので、来年の初夏までいろいろイメージを膨らませながら、またチャレンジしてみたいと思います。
天然の鮎使って、鮎の香りたっぷりでしかも重層的な一皿を作ってみたいです。

コメント