スポンサーリンク

長友佑都の情熱大陸を見て作りたくなったボッタルガのスパゲッティ

最近、日本代表選手の昔の情熱大陸を見たりしてるんですが、長友選手の回にミラノのレストランでボッタルガのパスタを食べているシーンがありまして。
「これはスパゲッティの、ボッタルガ、ボッタルガと海老。これがもう好きで・・・・
 
 
 ボッタルガ、からすみ。あそうか、ボッタルガはイタリア語か。」
「うめ、これうまいわこれ。」
なんて言ってるのを見てたら急にボッタルガのパスタを作りたくなりました。
また、長友選手がほんと美味しそうに食べるんですよね~。(笑)
そして長友選手が最初にオーダーする場面、日本語字幕にはなかったのですがボッタルガのパスタをオーダーした後に
Sempre uguale(センプレ ウグアーレ)=いつも一緒
と言ってました。
このレストランではボッタルガのパスタばっかり食べてるのかもしれないですね。(笑)
spaghetti alla bottarga e gamberetti.jpg
【材料1人分】
スパゲッティ 100g
ボッタルガパウダー Tスプーン1杯
ボッタルガホール 8切れ
アンチョビフィレ 2切れ
小海老と小柱のシーフードミックス 30g
EXオリーブオイル 大さじ1
バター 10g
塩(細粒)塩(粗粒)香りのEXオリーブオイル、白ワイン、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の海塩(粗粒)を入れます。
フライパンにEXオイルを入れ、アンチョビフィレを加え中火弱で炒めます。
アンチョビの香りが立ってきたら、シーフードミックスと白ワインを加え蓋をします。
いったんシーフードミックスを取り出して、ソースを弱火で煮詰めます。
パスタをパッケージの時間より1分短く茹でます。
残り1分でシーフードミックスを戻しソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをフライパンに入れ、中火でソースの水分をパスタに吸わせながら混ぜます。
塩とオリーブオイルで、味と濃度を調えます。
(僕はここで塩を加えていません)
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわししてボッタルガパウダーを散らし、薄く切ったボッタルガホールとイタリアンパセリを散らしたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
バターは加えなくてもいいと思うんですけど、乳化しやすいので僕はよく使います。
また、普通ボッタルガのパスタはパウダーだけでホール使わないことが多いんですけど、僕はホールの方が好きなので加えています。
しかも、舌の上で溶けるように薄く薄く切るのが個人的に好きです。

未分類
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント