スポンサーリンク

苺と生ハムのリゾット

先日の苺のリゾット改良バージョンを作るべく、ぼやーっとした感じながらいろいろ考えつつGWを過ごしていました。
「苺の繊細な香りと上品な酸味を生かすために、パルミジャーノとは別にもうひとつなんかコクというか対比になるものが欲しいなあ・・・ でもあまり強すぎると苺が消えちゃうから、なんかいいのないかなあ」
などと考えつつ、スーパーや百貨店をウロウロしてました。
がしかし。
足を使って探した中にピンと来るものはなく、結局前回作ったときに最初に浮かんだ生ハムが採用されました。
で、出来たのがこの一皿です。
risotto alla fragola e crudo.jpg
【材料1人分】
イタリア産カルナローリ米 100g
苺 3個
サンダニエーレ産生ハム 2枚
タマネギ 1/4個
EXオリーブオイル スプーン2杯
バター 20g
塩、白ワイン、パルミジャーノ、香りのEXオリーブオイル 適量
【作り方】
苺3個をやや大きめの小口切りに、タマネギを細かいみじん切りにします。
フライパンにEXオリーブオイルとバターを入れ中火強で加熱し、バターが溶けてオイルが温まったらタマネギを入れて弱火で炒めます。
タマネギがしんなりしてきたらカットした苺を半分入れ、さらに炒めます。
苺の形が崩れてきたら米を洗わずに加え、米をオイルで包むようにして炒め、米のまわりにオイルの膜が出来てきたら白ワインを入れ強火でアルコールを飛ばします。
ここから水を加えていって米をアルデンテに仕上げていくのですが、人によって水だったりお湯だったりブロードだったりします。
また、米にはさわらずにフライパンを振って混ぜる人と、木ベラで混ぜる人がいたりもします。
ちなみに僕は水を使って米はさわらない派だったんですが、最近は木ベラで当たらないように優しく混ぜる派になりました。
で、先ほどの米がかぶる倍ぐらいの水を加え、中火強で加熱します。
最初の1回のみやや多めの水で、それからは米が浸かるギリギリのところぐらいにして少しずつ米を煮ていきます。
一気に水を加えると、米を炊く感じになるのでアルデンテに仕上がらないです。
3回か4回ぐらい水を加えたあと、米がお好みの硬さに近くなったところで、塩で味を調えながら水分を調整します。
水分が決まったところで残りのカットした苺とパルミジャーノを加えざっくりと混ぜ合わせます。
お皿に盛って香りのEXオリーブオイルをひとまわしして、ちぎった生ハムを散らしたら完成です。
【所要時間】 35分
【コメント】
苺の繊細な香りを邪魔するイタリアンパセリはやめて、タマネギが苺よりも前に来ないように大きさを変えてカットして、生ハムが塩気とコクの部分で苺とコントラストになりながらも優しい香りがどこか同じベクトルでもある・・・・
はい。
前回のも美味しかったんですけど、こっちの方が断然美味しくなりました。(嬉)
だいたい狙った通りに出来たんですけど、欲を言えば「生ハムじゃないなにか」を見つけたかったです。
最初に浮かんだ生ハムは、「たぶん失敗しないだろうな~」という感じが最初からあってある程度イメージできてたので、どこかチャレンジしてないような気が。
(苺の時点でチャレンジだろう、と言われればそれまでですが・苦笑)
苺が入っていることでどこかデザートっぽいイメージをされてしまうかもしれませんが、全然そんなことはありません。
立派なプリモピアットです。
生ハムに代わるなにか、を見つけたらまたチャレンジしてみたいと思います。
意外性のある、美味しい一皿です♪

コメント