スポンサーリンク

舞茸とグアンチャーレ、ズッキーニのアーリオオーリオのリングイーネ

日本ってキノコの種類が豊富だな、って思います。
イタリアのスーパーで見かけたのなんてfunghi(フンギ)=キノコ、と季節になったら登場してくるporcini(ポルチーニ)とtartufo(タルトゥーフォ)=トリュフ、ぐらいでしたから。
(ポルチーニもトリュフも最強ですけど・笑)
まぁどっか専門的なところに行けばいろいろなキノコが手に入ったのかもしれませんが、日本のように身近に手軽にいろいろ楽しめる感じではなかったです。
linguine ai funghi e zucchini.jpg
【材料1人分】
リングイーネ 100g
グアンチャーレ 30g
EXオリーブオイル 大さじ2
舞茸 1/2パック
ズッキーニ 1/2本
バター 10g
にんにく 1片
唐辛子 1本
岩塩香りのEXオリーブオイルペコリーノロマーノ、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
グアンチャーレをスライスします。
舞茸は石づきを取って適当にちぎります。
ズッキーニは厚めの半円にカットしてみました。
ニンニク1片を包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
グアンチャーレを加えて弱火で炒め、じっくりと脂を出します。
グアンチャーレがカリカリになってきたらズッキーニを加え中火強にして、表面に焼き色がついたら舞茸とバターを加えます。
ある程度火が通ったら白ワインを加え、白ワインのアルコール分が飛んだら火を弱めます。
パスタをパッケージの茹で時間より1分短く茹でます。
お玉1杯分ぐらいパスタの茹で汁を加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和えてEXオイルと茹で汁、塩とペコリーノで味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、イタリアンパセリを散らしたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
キノコのパスタは美味しいですね。
あんまり季節じゃないですが。(苦笑)
個人的には、キノコのときはトマト使うよりアーリオオーリオにする方が好きです。
もちろん、ボスカイオーラとかも好きなんですけどね。

コメント