スポンサーリンク

甘い甘いチェリートマトソースと水牛のモッツァレラ、茄子のペンネ

シンプルなトマトソースのパスタが食べたいな、と思って作りました。
茄子とトマトソース、モッツァレラの組み合わせは絶品で、あっさりとした味わいはいくらでも食べてしまえそうな、危険な美味しさです。
penne alla melanzane.jpg
【材料1人分】
ペンネリガーテ 100g
水牛のモッツァレラ 50g
チェリートマトソース 100g
揚げ茄子(冷凍) 5個
EXオリーブオイル スプーン2杯
パルミジャーノ 10g
ニンニク 1片
唐辛子 1片
バター 10g
海塩(粗粒)、黒胡椒、香りのEXオイル、バジル 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の海塩(粗粒)を入れます。
モッツァレラを常温に戻しておきます。
ニンニクは皮ごと潰して皮と芯を取り、適当な大きさにカットします。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
チェリートマトソースと揚げ茄子、ちぎったバジルを加えごく弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間通り茹でます。
残り1分ぐらいでお玉1杯分ぐらいパスタの茹で汁を加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを中火強でソースに和え、EXオイルと茹で汁、すりおろしたパルミジャーノで味と濃度を調えます。
(この後モッツァレラを加えるとフライパンの中の温度が下がりますので、ソースが煮詰まらない範囲でできるだけ熱々にしておきます)
火を止めてちぎったモッツァレラを加え余熱であわせます。
お皿に盛りつけて、香りのEXオイルをひとまわししてバジルを飾り、黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】40分
【コメント】
シンプルながら、しみじみ「美味しいなぁ」と思える大好きな一皿です。
でも、美味しくできたのはほぼ食材のおかげで、僕は大してなにもしてません。(苦笑)
魔法のように美味しいトマトソースに、極上のモッツァレラ、小麦香るパスタに便利な揚げ茄子があれば、簡単に美味しいトマトソースのパスタが出来てしまいます。
お肉や魚介みたいに、火の入れ方とか気にしなくていいですしね。
大ざっぱに作ってもこんなに美味しいのが素敵です。
【今日の食材】
◇甘い甘いチェリートマトソース
https://item.rakuten.co.jp/italiaya/pom-0003/
◇イタリアから作りたてを空輸!水牛のモッツァレラ
https://item.rakuten.co.jp/italiaya/c/0000000251/
◇日本でもイタリアでも、これより美味しいパルミジャーノを僕は知りません!究極のパルミジャーノ
https://item.rakuten.co.jp/italiaya/c/0000000311/
◇小麦香るもちもちパスタ
https://item.rakuten.co.jp/italiaya/c/0000000298/

コメント