スポンサーリンク

海老、ホタテ、あさりを使った海の幸のスパゲッティ

続けて海の幸のパスタになってますが、実は前回のを作った後、いつも僕がエネルギーと笑顔のおすそ分けをしていただいているJリーグ、ヴィッセル神戸選手寮の寮母さんである村野明子さんが海老、ホタテ、あさりでクリームコロッケを作ったというつぶやきを見て、「美味しそ~~~!!!」と思いさらに、「これってパスタにしても美味しい組み合わせだよね」といつものパスタ馬鹿っぷりを発揮して早速作ってみました。
あっこさんの料理と言葉はいつも愛情と笑顔に満ちあふれていて、いろいろなことに気づかせてくれます。
感謝です。
余談ですがヴィッセル神戸携帯サイト(スマホ非対応)の有料コーナーで綴られているあっこさんの日常は、僕のようなヴィッセルサポーターじゃなくても一読の価値アリなのでぜひぜひ登録してください!
(ってか書籍化希望)
以上、広告でした。(笑)
spaghetti ai frutti di mare.jpg
【材料1人分】
スパゲッティ 100g
海老 3尾
帆立 4個
アサリ 4個
ミニトマト 6個
EXオリーブオイル 大さじ4
アンチョビフィレ 1切れ
ズッキーニ 1/3本
ニンニク 1片
唐辛子 1本
岩塩、白ワイン、香りのEXオリーブオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
ズッキーニを厚めのいちょう切りにして軽く塩をして、焼き色がしっかりつくまで炒めます。
海老は殻を剥いて背ワタを取り3等分、帆立を十字に切り軽く塩をします。
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
海老とホタテを中火強で炒め、焼き色がついてきたらあさりと白ワインを加え蓋をして、あさりが開いたらいったん取りだし、フライパンにミニトマトと細かく刻んだアンチョビフィレを加え軽く煮詰めます。
パスタをパッケージの茹で時間より1分短く茹でます。
お玉1杯分ぐらいのパスタの茹で汁と取りだした魚介、ズッキーニを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和え、EXオイルと茹で汁、塩で味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、イタリアンパセリを散らしたら完成です。
【所要時間】40分
【コメント】
今回は具材をちょっと小さめに切って食感を変えてみました。
もちろん、大きめの魚介ゴロゴロでもいいですし、もっと細かくたたいていただいてもいいですし、そこはお好みでどうぞ。
個人的には前回作ったものよりもこっちのがお手軽で美味しかったです。
あっこさん、ありがとうございます。

未分類
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント