スポンサーリンク

新年最初のパスタはカルボナーラのキタッラ

年末年始もパスタ作ってましたので僕的には初めてという訳ではないのですが、最初にブログに登場させるのは何にしよう? と思い最終的にカルボナーラにしました。
僕の作るカルボナーラって、「悪くないけど自画絶賛できるほどの出来でもない」ぐらいの感じなんですよね。
なんかいつも75点、みたいな。(苦笑)
なので、今年は自分でも満足できるカルボナーラを作れるように、さらにがんばっていきたいと思います。
chitarra alla carbonara7gen14.jpg
【材料1人分】
キタッラ 100g
グアンチャーレ 80g
卵黄 1個
全卵 1個
EXオリーブオイル 大さじ1弱
パルミジャーノ 10g
ペコリーノロマーノ 10g
バター 10g
岩塩、黒胡椒、白ワイン 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
ボウルに全卵と卵黄を割り入れ、塩ひとつまみ加えてよく混ぜます。
すりおろしたパルミジャーノとペコリーノを加えてよく混ぜます。
グアンチャーレをやや細めの拍子木切りにします。
熱したフライパンにオリーブオイルとグアンチャーレを入れ、弱火でじっくりと炒め脂を出します。
充分に脂が出てカリカリになったら、白ワインを入れて中火強にしてアルコール分を飛ばし、弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間より2分短く茹でます。
お玉1杯分ぐらいパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを入れて2分間、パスタの小麦粉をソースに溶かしこむような感じで中火で和え、塩と茹で汁で味と濃度を調えます。
ボウルのソースをフライパンに加え、手早くパスタと和わせます。
お皿に盛りつけて黒胡椒をひいたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
いつもよりグアンチャーレの量を増やして、さらに細めに切ってカリカリ感をUPしてみました。
今日のカルボナーラは、アベレージと比べてちょっとだけ自分でも満足のいく出来だったのですが、まだまだ美味しいカルボナーラを目指していきたいと思います。
ただ1つだけ残念だったのは、出来あがった料理の写真を撮ろうとしてシャッターを切ったら、その1枚でバッテリーの充電が終了してしまったことです。
なので、写真的にはあんまり納得してないです。(苦笑)

コメント