新商品の手打ちパスタ、タリアテッレを使ったサルシッチャとフレッシュトマトのソース

スポンサーリンク

新商品の手打ちパスタ、タリアテッレが到着しましたのでまずは定番のサルシッチャとフレッシュトマトのソースにしてみました。
手打ちパスタは他にフェットゥチーネ、パッパルデッレ、イカスミを練り込んだリングイーネの4種類です。
とりあえず今はチョコレートに追われる日々ですが、がんばってページ作りますので今しばらくお待ちくださいませ。
tagliatelle al ragu.jpg
【材料1人分】
タリアテッレ 83g
サルシッチャ 50g
タマネギ 1/4個
トマト 1個
EXオリーブオイル 大さじ1
バター 10g
海塩(細粒)海塩(粗粒)香りのEXオリーブオイルパルミジャーノ、赤ワイン、イタリアンパセリ、黒胡椒 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
タマネギはみじん切りし、サルシッチャは皮を取り、適当な大きさにちぎります。
フライパンを加熱し、温まったらオリーブオイルを入れタマネギを炒めます。
タマネギが色づいてきたらサルシッチャを加え中火強でしっかり焼き色をつけ、赤ワインを加えます。
赤ワインのアルコール分が飛んだらごく弱火にします。
パスタを1分強茹でます。
残り30秒でソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをフライパンに加え1分かけてソースをパスタに吸わせるように和えた後、火を止めてパルミジャーノを加えよく混ぜます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして黒胡椒を挽いて刻んだイタリアンパセリを散らしたら完成です。
【所要時間】25分
【コメント】
パスタのグラム数が83gなんて中途半端なのは、1パック250gを3回で食べることを考えて出てきた数字です。(笑)
乾麺と同じように100gにすると、お皿からちょっとあふれるぐらいになってしまうと思いますので、これぐらいがちょうどいいんじゃないかと思います。
僕の場合、所要時間のほとんどはお湯を沸かす時間+パスタを茹でる時間なのですが、手打ちパスタだと茹で時間わずか1分強なので圧倒的な早さです。
もちろん早いだけではなく美味しいです。
久しぶりに手打ちパスタ食べましたけど、乾麺とはまた違う食感と味わいになんだか懐かしい感じがしました。
ご自宅でお楽しみいただける手打ちパスタ、近々ご紹介させていただきますので楽しみにお待ちくださいませ!!!

コメント