スポンサーリンク

山ウドとモルタデッラ、ズッキーニ、マッシュルームのリゾット

先日のやっちゃったフリッタータのときに、「この組み合わせいいなぁ。なんか他に使われへんやろか? ・・・・・・パスタよりリゾットの方がいいかな。」と思って作ってみたのがこのリゾットです。
マッシュルームがお亡くなりになりかかってる状態でしたので、ちょっと色が悪いのですがそれはお許しくださいませ。
risotto con yamaudo.jpg
【材料1人分】
イタリア産カルナローリ米 100g
山ウド 1/4本
モルタデッラ 20g
マッシュルーム 3個
ズッキーニ 1/2本
タマネギ 1/4個
EXオリーブオイル 大さじ1
パルミジャーノ、白ワイン、バター、イタリアンパセリ、白ワインビネガー、黒胡椒 適量
【作り方】
熱したフライパンにオリーブオイル少量を入れ、厚めのいちょう切りにしたズッキーニとスライスしたマッシュルームを入れて中火で炒めます。
焼き色がついたらいったん取り出します。
ボウルに水と白ワインビネガーを入れ、皮を剥いて小口切りにした山ウドを入れます。
モルタデッラも同じぐらいの大きさに切ります。
フライパンにEXオリーブオイル大さじ1とバター少量を入れ、バターが溶けたらみじん切りにしたタマネギを中火弱で炒めます。
タマネギに火が通ったら米を洗わずに加え米をオイルで包むようにして炒め、米のまわりにオイルの膜が出来てきたら白ワインを入れ強火でアルコールを飛ばします。
ここから水を加えていって米をアルデンテに仕上げていくのですが、人によって水だったりお湯だったりブロードだったりします。
また、米にはさわらずにフライパンを振って混ぜる人と、木ベラで混ぜる人がいたりもします。
今日は木ベラで混ぜながら作ってみました。
混ぜるというよりは、米がフライパンに当たらないように優しく米を動かしている感じです。
で、先ほどの米がかぶる倍ぐらいの水を加え、中火強で加熱します。
最初の1回目はやや多めの水で、それからは米が浸かるギリギリのところぐらいにして少しずつ米を煮ていきます。
一気に水を加えると、米を炊く感じになるのでアルデンテに仕上がらないです。
だいたい3回か4回ぐらい水を加えたあと、米が好みの硬さに近くなったところで軽く塩をします。
先ほど取り出した具材とモルタデッラ、山ウドを加え、米がお好みの硬さになったところでパルミジャーノを加えます。
お皿に盛って刻んだイタリアンパセリを散らし、黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
山ウドとモルタデッラの食感のコンストラストは素敵です。
そこに加わるズッキーニとマッシュルームの相性もなかなかですし。
リゾット作るには日本のお米よりイタリアのカルナローリ米のほうがいいです。
日本のお米だと粘りが出やすいですので、カルナローリ米使ったことがない方はぜひ1度お試しくださいませ。

コメント