スポンサーリンク

合い挽きミンチとブラウンマッシュルームのラグーのマファルデ

久しぶりにお肉系のソースが食べたいな、と思ってラグーを作るためスーパーで挽き肉コーナーへ。
最初は牛挽き肉を使おうと思ってたんですけど、ふと思い立って合い挽き肉にしてみました。
お値段も安いことですし。(笑)
合わせたのは幅広で平べったくてひらひらしているロングパスタ、マファルデ。
これがまたお肉系のソースによく合うんです!
幅広いパスタをフォークでクルクルと巻いて口に含んだときの、その独特の食感もちもち感小麦の香りは普通のロングパスタでは味わえないものです。
馴染みがなくてなかなか使う機会もないと思いますが、ぜひ1度お試しくださいませ。
僕のお気に入りのパスタです♪
mafalde al ragu19ago15.jpg
【材料1人分】
マファルデ 100g
合挽きミンチ 50g
ブラウンマッシュルーム 2個
タマネギ 1/4個
ダイスカットトマト缶 1/4缶
EXオリーブオイル スプーン2杯
バター 10g
塩(細粒)、塩(粗粒)、胡椒、赤ワイン、パルミジャーノ、香りのEXオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
タマネギとブラウンマッシュルームは薄くスライスします。
合挽きミンチに塩、胡椒します。
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
フライパンにオリーブオイルを入れ加熱し、温まったらミンチを入れ中火強で炒めます。
半分ほど火が入ったらタマネギとブラウンマッシュルームを加え、香りが立ってきたら赤ワインを加えアルコールを飛ばします。
ホールトマトを入れて弱火で30分煮込みます。
パスタをパッケージの茹で時間より2分短く茹でます。
残り1分でソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを3分かけてソースに和え、EXオイルと茹で汁、パルミジャーノと塩(細粒)で味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして刻んだイタリアンパセリを散らし黒胡椒を挽いたら完成です。
お好みでさらにパルミジャーノをプラスしていただいても美味しいです。
【所要時間】45分
【コメント】
合い挽きミンチもまたちょっと風味が違ってて美味しいです。
たとえば鶏だけでも豚だけでもそれぞれ美味しいと思いますので、気分やお好みでいろいろお試しくださいませ。
多少、手間暇はかかるけれどシンプルで美味しく作れて失敗しにくい、という意味でラグー系のソースはお薦めです。
ショートパスタを合わせればアルデンテを気にする必要もなくなりますし。
「ここ1番の絶対に失敗出来ないおもてなし」なんかにお薦めです。
美味しいパスタで、食卓に広がる大切な方のお手伝いができればうれしいです。

コメント