スポンサーリンク

卵黄2個+パルミジャーノ&ペコリーノのカルボナーラのスパゲッティ

寒いのはそんなに苦手ではないのですが、最近困っていることが1つありました。
せっかく作ったパスタも、事務所が寒過ぎて写真撮って食べ始める頃にはやや冷たくなってるんです。
(盛りつけてから2分も経ってないのに!)
さすがにこれはマズイ、と思いながらもディッシュウォーマーなんて便利なものもないですし、どうしたものかと考えていたところいい考えが思いついたんです。
ま、パスタを茹でるお鍋のフタの代わりにお皿を乗せて(これがまたちょうどいい大きさだったんです!)温めただけなんでそんな大したものでもないんですけど。(苦笑)
みなさまも、もしよろしければお試しくださいませ。
ただ、基本的にお皿1枚しか温められないのが難点です。
spaghetti alla carbonara14feb14.jpg
【材料1人分】
スパゲッティ 100g
グアンチャーレ 80g
卵黄 2個
EXオリーブオイル 大さじ1弱
パルミジャーノ 20g
ペコリーノロマーノ 10g
バター 10g
塩(細粒)塩(粗粒)、黒胡椒、白ワイン 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
ボウルに卵黄を割り入れ、塩ひとつまみ加えてよく混ぜます。
すりおろしたパルミジャーノとペコリーノを加えてよく混ぜます。
グアンチャーレをやや細めの拍子木切りにします。
熱したフライパンにオリーブオイルとグアンチャーレを入れ、弱火でじっくりと炒め脂を出します。
充分に脂が出てカリカリになったら、白ワインを入れて中火強にしてアルコール分を飛ばし、弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間より2分短く茹でます。
ソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを入れて2分間、パスタの小麦粉をソースに溶かしこむような感じで中火で和え、塩と茹で汁で味と濃度を調えます。
ボウルのソースをフライパンに加え、手早くパスタと和わせます。
お皿に盛りつけて黒胡椒をひいたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
最近は全卵+卵黄で作ることが多かったカルボナーラですが、今日は久しぶりに卵黄2個で作ってみました。
チーズはパルミジャーノとペコリーノをミックス。
気分による部分もあるのですが、僕はこの組み合わせが1番好きです。
ちょっとした違いなんですけど、けっこう雰囲気変わってきますのでみなさまも組み合わせをいろいろ試していただいてお好みのカルボナーラに出会ってくださいませ。

コメント