スポンサーリンク

全卵1個で作ったカルボナーラのトロフィエ

大きな本屋さんに行くときはだいたいイタリア料理の本が置いてあるところにも寄るのですが、美味しそうなパスタを見ると自分でもパスタを作りたくなります。
でも、僕が魅かれるのは豪華だったり派手だったりするものではなく、カルボナーラとかジェノヴェーゼとかシンプルなものが多いのですが。(笑)
そんな感じで、先日美味しそうなカルボナーラの写真を見たので僕もカルボナーラを食べたくなりました。
普段は卵黄2個とか全卵+卵黄で作ることが多いのですが、今回は全卵1個で作ってみました。
以前から、全卵1個でも美味しいカルボナーラを作れるようになりたいな、と思っていましたのでチャレンジです。
trofie alla carbonara24dic15.jpg
【材料1人分】
トロフィエ 100g
グアンチャーレ 30g
全卵 1個
EXオリーブオイル スプーン1杯
パルミジャーノ 30g
ペコリーノ 10g
バター 10g
海塩(細粒)、海塩(粗粒)、黒胡椒、白ワイン 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
ボウルに卵黄を割り入れ、塩ひとつまみ加えてよく混ぜます。
すりおろしたパルミジャーノを加えてよく混ぜます。
グアンチャーレをやや厚めの拍子木切りにします。
フライパンにオリーブオイルとグアンチャーレを入れ、弱火でじっくりと炒め脂を出します。
充分に脂が出てカリカリになったら中火強にして、フライパンが熱くなったら白ワインを入れてアルコール分を飛ばし、弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間通り茹でます。
残り1分でソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを入れて中火で和え、塩と茹で汁で味と濃度を調えます。
(卵を入れてからは余裕がなくなりますので、出来るかぎりこの段階で濃度を決めてください)
フライパンのパスタをボウルに加え混ぜます。
ソースの水分が多いと感じたら、ボウルで和えたパスタとソースをフライパンに戻し、ごくごく弱火で火を入れていきます。
菜箸でゆっくりとかき混ぜていくと、水分がとんで卵が固まってくるタイミングで混ぜる菜箸に重みを感じるときがありますので、そのタイミングで火を止めます。
お皿に盛りつけて黒胡椒をひいたら完成です。
お好みでさらにパルミジャーノをかけていただいても美味しいと思います。
【所要時間】35分
【コメント】
卵黄だけで作る場合と全卵で作る場合では水分量が変わってきますので、最後に卵を和える前、フライパンのソースにパスタを和えるときに濃度を調整していただければと思います。
個人的に全卵1個で作るカルボナーラはどちらかというと苦手であまり納得できるものが出来たことがなかったのですが、今日の全卵カルボナーラは今までで1番美味しく出来たんじゃないかと思います。
少しずつでも成長しているようで、ちょっと嬉しいです。(笑)

コメント