スポンサーリンク

体にもお財布にも優しい、ツナとタマネギのキタッラ

ものすごくシンプルでものすごく経済的なパスタなんですけど、なんかときどく食べたくなります。
ホッとする味、とでも言うんでしょうか。
具だくさんなパスタも美味しいですけど、こーゆーのもいいですよ。
chitarra al tonno e cipolla.jpg
【材料1人分】
キタッラ 100g
ツナ 小1缶
タマネギ 1/2個
アンチョビフィレ 2切れ
ケッパー酢漬け 小さじ1
EXオリーブオイル 大さじ4
ニンニク 1片
唐辛子 1本
岩塩、白ワイン、香りのEXオリーブオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除いて好みの大きさに切ります。
唐辛子をタテに半分に切り、種を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にしてゆっくりニンニクの香りをオイルにうつします。
ニンニクが色づいてきたら火から外して、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛みを加えます。
刻んだアンチョビと水気を切ったツナを加え中火弱で加熱します。
香りが立ってきたら白ワインを加え中火強にして、アルコールを飛ばします。
スライスしたタマネギを加え、弱火で炒めます。
パスタをパッケージの時間通り茹でます。
ソースと同量弱のパスタの茹で汁とケッパー、刻んだイタリアンパセリを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和え、塩と茹で汁、オリーブオイルで味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわししたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
タマネギの甘みにアンチョビの塩気、ツナのコクがそれぞれ主張し過ぎないので、噛みしめるパスタの小麦の香りと味わいをより楽しめる一皿です。
このソースには、ちょっと太めのしっかりとしたパスタを合わせる方が僕は好きです。
もちろん、ショートパスタでもOKです。

コメント