スポンサーリンク

ミニトマトの形を残したボンゴレロッソのスパゲッティ

あさりって1パックがけっこう大きめなので、1人分買うにはいつも量が多くてなかなか作れないパスタの1つでした。
ボンゴレ好きなんですけど。
今日も大粒と中粒が売ってまして、もちろん大粒買いたかったんですけど量が多すぎたのであきらめて中粒にしました。
イタリアでは、ヴェネツィアで食べるボンゴレは中粒でナポリで食べるボンゴレは大粒だというのを聞いたことがあります。
僕自身うっすらとしか覚えていないので、「そういえばそうだっけかなぁ?」ぐらいの曖昧な感じで申し訳ないのですが。
spaghetti alle vongole rosso7ott15.jpg
【材料1人分】
スパゲッティ 100g
あさり 120g
EXオリーブオイル スプーン2杯
ニンニク 1片
唐辛子 1本
アンチョビペースト Tスプーン1杯
海塩(粗粒)、白ワイン、香りのEXオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
あさりは1時間ほど砂抜きしておきます。
ミニトマトは半分にカットしておきます。
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の海塩(粗粒)を入れます。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクとアンチョビペーストを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
あさりを入れて中火強にして白ワインを入れフタをします。
あさりが開いたらいったん取り出し、ソースをごく弱火で煮詰めます。
パスタをパッケージの時間より2分短く茹でます。
残り1分であさりを戻し、ソースと同量弱のパスタの茹で汁をフライパンに加えます。
フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタとミニトマトをフライパンに加え、3分ぐらいかけて中火でしっかりとソースの水分をパスタに吸わせる感じであえます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして刻んだイタリアンパセリを散らしたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
ミニトマトは食べてるときに箸休め的な感じといいますか、形と食感を残したかったので最後の最後に加えました。
もちろん早めに入れて煮込んでいただいたりトマトソースやトマト缶を使っていただいても美味しいですし、トマトを入れないのもOKです。
この辺は気分やお好みでどうぞ。
僕の中で美味しく作れると嬉しいパスタの2トップがカルボナーラとボンゴレなんですけど、いかがでしょうか?
そんなに豪華でもなくめちゃめちゃ気合い入れて作る訳でもない定番のパスタなんですけど、でも上手に作れるとちょっと嬉しい、みたいな。
ボンゴレロッソ、美味しく作れて今日も素材に感謝です。

未分類
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント