スポンサーリンク

ホワイトアスパラガスとモルタデッラの目玉焼き

最初はモルタデッラでオムレツを作ろうと思って、あわせる野菜を何にしようかとあれこれ考えていたところ、ホワイトアスパラガスが売ってたので急遽メインをモルタデッラからホワイトアスパラガスに変更。
イタリアでホワイトアスパラガスと言いますと、グラッパとヤマザキマリさんで有名なバッサーノ デル グラッパの名産です。
バッサーノでは目玉焼きだけですが、僕の目的の1つにモルタデッラを消費する、というのがありましたので・・・・(笑)
asparagi bianchi.jpg
【材料】
卵 2個
ホワイトアスパラガス 1本
モルタデッラ 20g
EXオリーブオイル海塩(細粒)、黒胡椒、レモンジュース、水 少々
【作り方】
ホワイトアスパラガスは根元を3cm分ぐらいカットするとともに全体の2/3ぐらい皮を剥きます。
ホワイトアスパラガスのカットした部分と塩少々、レモンジュースを入れてお湯を沸かします。
ウチの鍋だと1本丸々茹でることが出来なかったので、半分にカットしました。
軸の部分を先に入れて2分茹でた後、先の方を入れて5分茹でます。
フライパンを中火にかけて、温まったら薄くオリーブオイルをひいて、ホワイトアスパラガスとサイコロ状にカットしたモルタデッラを加え、その上から卵を落とします。
白身が白っぽくなってきたらフライパンを傾けて白身の端っこに油が集まるようにして白身の端っこをカリッと仕上げます。
白身の端っこが香ばしく焼けてきたら、フライパンを傾けてキッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。
目玉焼きに当たらないように、フライパンの端の方にスプーン1杯分の水を加え、蓋をします。
(1分弱ぐらい)
黄身がお好みの硬さになったところでお皿に盛って、香りのEXオリーブオイルをひとまわしして黒胡椒を挽いたら完成です。
【コメント】
作ってから思ったんですが、目玉焼きだけ後で焼いてホワイトアスパラガスとモルタデッラに乗せれば良かったかも。
次回はそんな感じにしてみます。
久しぶりに食べたホワイトアスパラガスは美味しかったです。
作ってみたい一皿が思いついたので、明日も登場予定です。(笑)

前菜
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント