スポンサーリンク

ホワイトアスパラのリゾット

昨日に続いてホワイトアスパラの登場です。
(明日も登場予定です・笑)
昨日ホワイトアスパラを茹でているときに、「これ使ってリゾット作ったら美味しそうだな~」なんて思いまして、早速作ってみました。
ホワイトアスパラ以外になにかお肉やお魚をプラスしようかと思ったのですが、まずはシンプルにホワイトアスパラとパルミジャーノだけで。
飾りのルーコラはたまたまあったからで、ほんとならイタリアンパセリを散らしたかったところです。
risotto ai asparagi bianchi.jpg
【材料1人分】
イタリア産カルナローリ米 100g
ホワイトアスパラガス 1本
タマネギ 1/8個
バター 20g
a href=”https://item.rakuten.co.jp/italiaya/sep-001/” target=”_blank” >海塩(細粒)、EXオリーブオイルパルミジャーノレモンジュース、白ワイン、ルーコラ、黒胡椒 適量
【作り方】
ホワイトアスパラガスは根元を3cm分ぐらいカットするとともに全体の2/3ぐらい皮を剥きます。
ホワイトアスパラガスのカットした部分とレモンジュースを入れてお湯を沸かします。
ウチの鍋だと1本丸々茹でることが出来なかったので、半分にカットしました。
軸の部分を先に入れて5分茹でた後、先の方を入れてさらに5分茹でます。
10分経ったら火を止めてそのまま冷まします。
フライパンにEXオリーブオイル大さじ1杯とバター10gを入れ、バターが溶けたらみじん切りにしたタマネギを加え弱火で炒めます。
(タマネギが色づかないように気をつけてください。)
タマネギに火が通ったら米を洗わずにそのまま入れます。
米を油で包むようにして炒め、米のまわりに油の膜が出来てきたら白ワインを入れ強火でアルコールを飛ばします。
ここから水を加えていって米をアルデンテに仕上げていくのですが、人によって水だったりお湯だったりブロードだったりします。
また、米にはさわらずにフライパンを振って混ぜる人と、とにかく木べらで混ぜる人がいたりもします。
今回はホワイトアスパラを茹でたお湯を使って米は木べらで優しく混ぜる派です。
で、先ほどの米がかぶる倍ぐらいのお湯を加え、中火強で加熱します。
最初の1回目はやや多めの水で、それからは米が浸かるギリギリのところぐらいにして少しずつ米を煮ていきます。
一気に加えると、米を炊く感じになるのでアルデンテに仕上がらないです。
途中、ホワイトアスパラを取り出し、軸の方は輪切りにして先の方は飾り用にタテ半分に切ります。
米があたらないように木べらでゆっくりと混ぜながら3回か4回ぐらいお湯を加えたあと、米が好みの硬さになったところで輪切りにしたホワイトアスパラを加え水分を調整し塩ひとつまみとバターを加え、パルミジャーノで味を調えます。
お皿に盛って黒胡椒を挽いてルーコラを飾ったら完成です。
【所要時間】30分
【コメント】
いつもは水を使うので、アスパラを茹でたお湯だと蒸発するのが早いのかいつもよりも回数が多かったです。
あと、これはたまたまですが今までとは違うフライパンだったのでその影響もあったかもしれません。
シンプルにホワイトアスパラだけで作ってみましたが、僕的には好きな味でまた作ってみたいと思う一皿でした。
振り返ってみると今年に入って初めてのリゾットだったのですね。
リゾットももっと作っていきたいと思います。

コメント