スポンサーリンク

ファルファッレのカルボナーラ

久しぶりにカルボナーラが食べたくなったので、作ってみました。
合わせるパスタを何にしようか、お湯を沸かしながらソースを作っている時点でも決まってなかったのですが、結果的にファルファッレに。
ショートパスタなのかロングパスタなのか、太さや形によっても食感やボリュームが変わってくるのでパスタは面白いです。
ソースとパスタの相性というのはもちろんありますが、僕の場合ある程度の決まりをのぞけばほぼ気分です。(笑)
farfalle alla carbonara.jpg
【材料1人分】
ファルファッレ 100g
グアンチャーレ 30g
卵黄 2個
EXオリーブオイル スプーン1杯
パルミジャーノ 20g
ペコリーノロマーノ 10g
バター 10g
海塩(細粒)海塩(粗粒)、、黒胡椒、白ワイン、牛乳 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
ボウルに卵黄を割り入れ、塩ひとつまみ加えてよく混ぜます。
すりおろしたパルミジャーノとペコリーノ、牛乳を加えてよく混ぜます。
グアンチャーレをやや細めの拍子木切りにします。
フライパンにオリーブオイルとグアンチャーレを入れ、弱火でじっくりと炒め脂を出します。
充分に脂が出てカリカリになったら中火強にして、フライパンが熱くなったら白ワインを入れてアルコール分を飛ばし、弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間通りに茹でます。
残り1分でソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを入れて中火で和え、塩と茹で汁で味と濃度を調えます。
(卵を入れてからは濃度を調整できませんので、この段階で濃度を決めてください)
フライパンの火を止めて、ボウルのソースをフライパンに加え余熱で手早くパスタと和わせます。
お皿に盛りつけて黒胡椒をひいたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
ファルファッレはイタリア語で蝶を意味するパスタで、中央の部分と端の部分で硬さが変わってくる2種類の食感をお楽しみいただけます。
見ため的に可愛いこともあって、子供さんに人気のパスタでもあります。
クリスマスとか誕生日なんかにぜひ使ってみていただきたいパスタです。

コメント