スポンサーリンク

トリュフ香るカルボナーラのトロフィエ(卵黄2個にパルミジャーノ+ペコリーノ)

いつものカルボナーラにトリュフ塩をプラスして、トリュフ香るカルボナーラにしてみました。
パスタはお気に入りのパルテノペのトロフィエです。
ロングパスタとショートパスタの長所を併せ持つ感じのトロフィエは、小麦の香りあふれるもちもちパスタ、パルテノペの中でも1番もちもち感を感じられるパスタだと思います。
卵とチーズは卵黄2個にパルミジャーノ+ペコリーノを使った濃厚ver.です。
trofie alla carbonara con sale al tartufo.jpg
【材料1人分】
トロフィエ 100g
グアンチャーレ 30g
卵黄 2個
EXオリーブオイル スプーン1杯
パルミジャーノ 30g
ペコリーノ 10g
バター 10g
トリュフ塩、黒胡椒、白ワイン 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩を入れます。
ボウルに卵黄を割り入れ、塩ひとつまみ加えてよく混ぜます。
すりおろしたパルミジャーノとペコリーノを加えてよく混ぜます。
グアンチャーレをやや厚めの拍子木切りにします。
フライパンにオリーブオイルとグアンチャーレを入れ、弱火でじっくりと炒め脂を出します。
充分に脂が出てカリカリになったら中火強にして、フライパンが熱くなったら白ワインを入れてアルコール分を飛ばし、弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間通り茹でます。
残り1分でソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを入れて中火で和え、茹で汁で濃度を調えます。
(卵を入れてからは余裕がなくなりますので、出来るかぎりこの段階で濃度を決めてください)
フライパンのパスタをボウルに加え混ぜます。
ソースの水分が多いと感じたら、ボウルで和えたパスタとソースをフライパンに戻し、ごくごく弱火で火を入れていきます。
菜箸でゆっくりとかき混ぜていくと、水分がとんで卵が固まってくるタイミングで混ぜる菜箸に重みを感じるときがありますので、そのタイミングで火を止めます。
トリュフ塩を振って余熱で混ぜていきます。
お皿に盛りつけて黒胡椒をひいたら完成です。
お好みでさらにパルミジャーノをかけていただいても美味しいと思います。
【所要時間】35分
【コメント】
トリュフ塩は気軽にトリュフの香りを楽しめる一品ですが、仕上げの一歩手前、少しだけ熱を加えるぐらいが素材と馴染んでまろやかに香りが広がってくれるので僕はこの使い方が好きです。
最初に使うと香りが飛んでしまいがちなですし、お皿に盛った後で最後にかけるのも個性が立ちすぎてしまう感じがしますし。
個性を際立たせて輪郭をはっきりと出したい方は最後にかけていただくのもOKだと思います。
トリュフは元々卵を使った料理との相性が抜群ですので、カルボナーラに使うのも定番といえば定番なのですが、そこはさすがの美味しさですのでぜひ1度お試しくださいませ。
まあ、本音を言うとカルボナーラの上から「これでもか!!」と言わんばかりに本物トリュフのスライスを散りばめるのが最高なのですが。
フレッシュなトリュフの香りは魔性です。(笑)
◇黒トリュフ塩はこちらからどうぞ
https://item.rakuten.co.jp/italiaya/sav_salen30/
◇白トリュフ塩はこちらからどうぞ
https://item.rakuten.co.jp/italiaya/sav_saleb30/
◇トロフィエはこちらからどうぞ
https://item.rakuten.co.jp/italiaya/par_trofie/

コメント