ツナとアンチョビ、ケッパーのトマトソースのファルファッレ

スポンサーリンク

定期的に食べたくなりますツナのパスタ。
最初に思ったのはトマトソースなしだったのですが、冷蔵庫見たら昨日のホールトマトが残っていたのでトマトソースにしてみました。
豪華とか洗練という言葉とは程遠いですが、滋味あふれる素朴な味わいです。
farfalle al pomodoro con tonno.jpg
【材料1人分】
ファルファッレ 100g
ツナ缶(小) 1缶
アンチョビフィレ 3切れ
ホールトマト缶 1/2缶 
EXオリーブオイル 大さじ1
ケッパー酢漬け Tスプーン1杯
にんにく 1片
唐辛子 1本
塩(細粒)塩(粗粒)香りのEXオリーブオイル、白ワイン、イタリアンパセリ、黒胡椒 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
ニンニク1片を包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
ツナとアンチョビを加え中火強で炒めます。
香りが立ってきたら白ワインを入れアルコールを飛ばします。
ホールトマトと刻んだケッパーを加え弱火で煮詰めます。
パスタをパッケージの時間通り茹でます。
残り1分でソースと同量弱のパスタの茹で汁をフライパンに加えます。
フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをフライパンに加え、塩とオリーブオイルで味と濃度を整えます。
(ちなみに僕は塩は使っていません)
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして刻んだイタリアンパセリを散らし、黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
最近はパスタの茹で汁に入れる塩以外を使わないことを意識しながらパスタを作っています。
(意外に作れてしまいます)
もちろんすべてのパスタでそうできる訳ではないのですが、とりあえずアンチョビとグアンチャーレを使うときは間接的な塩味だけで仕上げてみたいと思っています。

コメント