スポンサーリンク

タコとアンチョビのフレッシュトマトのリングイーネ

兵庫県でタコというと、明石のタコが有名です。
さて、スーパーでタコ買ったら兵庫県産と書いてありました。
・・・・・・って、明石じゃないの? 日本海???
兵庫県は広いですからね。(笑)
linguine al polpo.jpg
【材料1人分】
リングイーネ 100g
タコの足 3本
ミニトマト 6個
EXオリーブオイル 大さじ2
アンチョビフィレ 2切れ
ケッパー酢漬け Tスプーン1杯
ニンニク 1片
バター 10g
岩塩香りのEXオリーブオイル、黒胡椒、白ワイン、ルーコラ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクとを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
ニンニクがやや色づいてきたら刻んだアンチョビを加え、中火でアンチョビの香りが立つようにしっかりと火を入れます。
アンチョビの香りが立ってきたらタコの足を切らずにそのまま入れ、表面に焼き色をつけたら、白ワインを入れてアルコールを飛ばします。
タコをいったん取り出して、1/2にカットしたミニトマトと刻んだケッパーを加えごく弱火にします。
取り出したタコを一口大にカットします。
パスタをパッケージの茹で時間より2分短く茹でます。
残り1分でお玉1杯分ぐらいのパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
タコをフライパンに戻し、茹であがったパスタを約2分かけてソースに和え、EXオイルと茹で汁、塩で味と濃度を調えながらパスタにソースを吸わせます。
火を止めてルーコラを加えざっくりと混ぜます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
見返してみると魚介系ソースのカテゴリーが久しぶりすぎてびっくりしました。
お魚は好きですし、スーパーでもけっこう買ってるつもりだったんで不思議だったんですが、よくよく考えてみるとお魚買っても冷製パスタばっか作ってたんですね。(苦笑)
これから寒くなるにつれて、こっちのカテゴリーも増やしていければと思います。

未分類
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント