スポンサーリンク

スペアリブのソテーにタスマニア産マスタードを添えて

スペアリブをオリーブオイルで炒めてタスマニア産マスタードを添えただけの簡単な一皿です。
上品にナイフとフォークで、というよりは手づかみで骨にくっついたお肉をガシガシいきたい感じです。(笑)
suino con senape.jpg
【材料1人分】
スペアリブ 200g
ブロッコリー 1/3株
EXオリーブオイル スプーン1杯
タスマニア産大粒マスタード スプーン1杯
ニンニク2片
、黒胡椒 適量
【作り方】
スペアリブを常温に戻し、塩胡椒して5分ほど置きます。
ブロッコリーを塩茹でした後、冷水に取ります。
ニンニク1片を包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
ニンニクが色づいてきたらいったん取り出し、中火強にしてスペアリブを炒めます。
表面に6割ほど火が入ったら引っくり返し、そこからは弱火でゆっくり火を入れていきます。
串を刺して中まで温まっていたら火を止めます。
お皿に盛ってニンニクを散らし、タスマニア産マスタードを添えてオリーブオイルをひとまわししたら完成です。
【所要時間】20分
【コメント】
オーブンがある方はフライパン使わずに表裏焼き色つけてオーブンに入れていただいてもOKです。
イタリアはお肉も安くて美味しいんですけど、あるとき友人とスペアリブを山盛り買ってきてオーブンで焼いて、口の中ベロベロになりながら熱々のを食べたことを思い出しました。
美味しかったんですけど、口の中が大変でした。(苦笑)
ええ、猫舌なんです僕。

コメント