スポンサーリンク

ステーキというよりはちょっとしたサラダ感覚です牛肉のタリアータ

なんかお肉が食べたい気分でして。
牛肉といえば焼肉ぐらいで普段あんまり牛肉は買わないもので、最初は豚肉にしようと思ってたんですけどたまたま目にしたオージービーフが国産の豚肉より安いことに気づき・・・・・・
「たまには牛肉にしますか」
ということで本日のメニューになりました。(笑)
tagliata di manzo26ago14.jpg
【材料1人分】
牛肩ロース 120g
ミディトマト 3個
ルーコラ 1/3パック
EXオリーブオイル 大さじ2
赤ワインビネガー 大さじ2
バルサミコ 大さじ1
バター 10g
海塩(細粒)、黒胡椒 適量
【作り方】
牛肉を常温に戻し、ちょっと強いかなぐらいに塩、胡椒をして5分ぐらい置いておきます。
ミディトマトは8等分します。
フライパンにオリーブオイルを入れ中火強で加熱します。
オイルが温まってきたら牛肉を入れます。
表面にしっかりと焼き色をつけたら、肉を裏返します。
うっすらと血がにじんできたら、中火強にして赤ワインビネガーを加えます。
ビネガーの水分がなくなったら、肉を取り出しアルミホイルで包みます。
フライパンにバルサミコとバターを加え軽く煮詰めてソースを作ります。
お皿にトマトとルーコラを盛ります。
取り出したお肉を斜めに薄くスライスして、野菜に乗せるように並べます。
ソースを回しかけたら完成です。
【所要時間】20分
【コメント】
ステーキというよりは、ちょっとしたサラダ感覚で食べるような感じです。
ビネガーの酸味もあって割とあっさりと食べれます。
ソースもお肉を焼いて出てきた肉汁を使ってサッと作っただけで簡単ですので、たまにはこんな感じのお肉料理はいかがでしょうか?
あ、スライスしたパルミジャーノを散らしていただいても美味しいです。

コメント