サルシッチャと本しめじのラグーのスパゲッティ

スポンサーリンク

先週のヨーロッパ食堂がボローニャでミートソースのパスタを見たので、なんか久しぶりにミートソースを食べたくなりました。
僕のミートソースは基本サルシッチャを使った超簡単はヤツです。
フツーに挽き肉使うより美味しいと思いますので、ぜひぜひお試しくださいませ。
合い挽きに加えていただいてもいいと思います。
spaghetti al ragu di salsiccia17lug13.jpg
【材料1人分】
スパゲッティ 100g
サルシッチャ 50g
本しめじ 2本
チェリートマトソース 110g
EXオリーブオイル 大さじ1
タマネギ 1/4個
ニンニク 1片
唐辛子 1本
バター 10g
岩塩香りのEXオリーブオイルパルミジャーノ、黒胡椒 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の岩塩を入れます。
サルシッチャの皮を取り、適当な大きさにちぎります。
タマネギをスライス、本しめじを厚めのスライスにします。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除いて好みの大きさに切ります。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
ニンニクがやや色づいてきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
タマネギを加え、中火弱で炒めます。
しんなりしてきたらサルシッチャを加え中火強でしっかりと焼き色をつけ、本しめじを加えたら、こちらもあまりさわらずしっかりと焼き色をつけた後、赤ワインを加えます。
赤ワインのアルコール分が飛んだらトマトソースとバターを加えごく弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間より1分間短く茹でます。
お玉1杯分ぐらいパスタの茹で汁を加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和えてEXオイルと茹で汁、塩とパルミジャーノで味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、黒胡椒を挽いてイタリアンパセリを散らしたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
タマネギ、ニンジン、セロリを炒めていただいたらさらに美味しいミートソースになるかと思いますが、こんな感じで簡単に作っていただいても美味しいです。
サルシッチャから出る出汁がなんとも言えずソースに深みを与えてくれます。
ミートソース作ったときになんか一味足りないと感じてらっしゃる方に、ぜひぜひサルシッチャお試しいただけたらと思います。

コメント