スポンサーリンク

サルシッチャと卵黄2個を使ってパルミジャーノとペコリーノで仕上げた濃厚カルボナーラのリングイーネ

お久しぶりのカルボナーラ。
今日はサルシッチャを使ったver.です。
これほんと美味しいですので、カルボナーラ好きな方にはぜひぜひ1度は作っていただきたいです。
linguine all carbonara con salsiccia-.jpg
【材料1人分】
リングイーネ 100g
サルシッチャ 50g
卵黄 2個
EXオリーブオイル 大さじ1弱
パルミジャーノ 20g
ペコリーノロマーノ 10g
バター 10g
 
塩(細粒)塩(粗粒)、黒胡椒、白ワイン 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
ボウルに卵黄を割り入れ、塩ひとつまみ加えてよく混ぜます。
すりおろしたパルミジャーノとペコリーノを加えてよく混ぜます。
熱したフライパンにオリーブオイルと適当にちぎったサルシッチャを入れ、中火強でしっかりと焼き色をつけて焼きます。
充分に焼き色がついたら、白ワインを入れて中火強にしてアルコール分を飛ばし、弱火にします。
パスタをパッケージの茹で時間より2分短く茹でます。
ソースと同量弱のパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタを入れて2分間、パスタの小麦粉をソースに溶かしこむような感じで中火で和え、塩と茹で汁で味と濃度を調えます。
ボウルのソースをフライパンに加え、手早くパスタと和わせます。
お皿に盛りつけて黒胡椒をひいたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
ふと思い出したんですけど、ペルージャで一緒に暮らしてたプーリア出身のイタリア人が作るカルボナーラはいつも卵が炒り卵みたいになってたんです!(驚)
僕はそれを卵に火を入れ過ぎる彼個人の問題だと思っていたんですが、日本に帰ってきてプーリアで修業された日本人シェフのお店で食べたカルボナーラも似たような感じだったので、「もしかしてプーリアのカルボナーラってこんななの???」とちょっと疑問に思っています。
・・・・
・・・・
・・・・
宇多田ヒカルの婚約者もプーリア出身だったよね?
彼のマンマが作るカルボナーラも炒り卵パスタみたいなんだろか???
はたしてどうなんでしょう?

コメント