スポンサーリンク

サルシッチャとラディッキョのリゾット

久しぶりにリゾットを作ってみました。
ラディッキョは日本ではトレヴィスになるのでしょうか?
色鮮やかでほんのり苦い野菜で、サルシッチャの濃厚な味わいとよくあいます。
risotto alla salsiccia e radicchio.jpg
【材料1人分】
イタリア産カルナローリ米 100g
サルシッチャ 1本
ラディッキョ 1/4個
タマネギ 1/4個
EXオリーヴオイル 大さじ2
、白ワイン、バター、香りのEXオリーヴオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
サルシッチャは皮をむき、ある程度ほぐしてEXオリーヴオイルで炒めておきます。
フライパンにEXオリーヴオイルとバター少量を入れ、バターが溶けたらみじん切りにしたタマネギを加え弱火で炒めます。
タマネギに火が通ったら米を洗わずにそのまま入れます。
米を油で包むようにして炒め、米のまわりに油の膜が出来てきたら白ワインを入れ強火でアルコールを飛ばします。
ここから水を加えていって米をアルデンテに仕上げていくのですが、人によって水だったりお湯だったりブロードだったりします。
また、米にはさわらずにフライパンを振って混ぜる人と、とにかく木ベラで混ぜる人がいたりもします。
ちなみに僕は、水を使って米はさわらない派です。
で、先ほどの米がかぶる倍ぐらいの水を加え、中火強で加熱します。
最初の1回目はやや多めの水で、それからは米が浸かるギリギリのところぐらいにして少しずつ米を煮ていきます。
一気に水を加えると、米を炊く感じになるのでアルデンテに仕上がらないです。
だいたい3回か4回ぐらい水を加えたあと、米が好みの硬さになったところで水分を調整し塩ひとつまみを加え、サルシッチャとバターを入れて、塩とパルミジャーノで味を調えます。
最後にラディッキョを入れて軽く馴染ませたら、お皿に盛って香りのEXオリーヴオイルをひとまわしして、イタリアンパセリを散らして完成です。
【所要時間】25分
【コメント】
日本の米ではなくイタリアの1年熟成カルナローリ米を使ったのですが、粘りが出にくく香りもよいので、アルデンテで粒がしっかりと残る、いい感じに仕上がりました。
リゾット苦手な方は、カルナローリ米で試してみると自信つくかもしれません。
それにしても、サルシッチャはホントに万能ですね。
僕のイタリア料理には欠かせない食材です。(笑)

コメント