スポンサーリンク

グアンチャーレとセロリの葉のトマトソースのスパゲッティ

荷物が届かないと、お昼休みにスーパーにお買い物にも行けないんです。
(万が一逃がすと発送に間に合わなく恐れがありますので)
で、待てども待てども待ち人来たらずでしたので、仕方なく冷蔵庫にあるもので作ることにしました。
が、しかし。
冷蔵庫にはニンニクすらない状況でした。(汗)
そんな状況でやっつけ感一杯で作ったのがこちらのパスタです。
spaghetti al guanciale e sedano.jpg
【材料1人分】
スパゲッティ 100g
グアンチャーレ 40g
シチリア産チェリートマトソース 80g
セロリの葉 1本分
EXオリーブオイル 大さじ1
バター 10g
塩(細粒)塩(粗粒)、白ワイン、パルミジャーノ香りのEXオリーブオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
フライパンにオリーブオイルを入れて加熱し、拍子木切りにしたグアンチャーレを加え弱火で火を通します。
グアンチャーレの脂が透明になってきて、外側がカリカリになってきたら適当に切ったセロリの葉を加えます。
セロリがしんなりしてきたら、中火強にして白ワインを加えアルコールを飛ばします。
白ワインのアルコールが飛んだらトマトソースを加えます。
パスタをパッケージの茹で時間より1分短く茹でます。
お玉1杯分ぐらいパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和え、EXオイルと茹で汁、パルミジャーノと塩で味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、イタリアンパセリを飾ったら完成です。
【所要時間】40分
【コメント】
セロリの葉、ってなんかもったいなくて捨てられないんですよね。(苦笑)
香りが苦手じゃない方は、こんな風にトマトソースに入れていただいても面白いと思います。
パスタって意外と冷蔵庫に残っているもので出来ちゃったりしますので、炒飯や野菜炒めぐらいのゆるい感じで作っていただいても楽しいと思います。
意外な発見があるかもです。

コメント