スポンサーリンク

アマトリチャーナのキタッラ

ペルージャで暮らしていた頃、「ほぼ毎日」はさすがに言い過ぎかもしれませんが、少なくとも週に3回はアマトリチャーナを食べているイタリア人がいました。
しかも、嫌々とか仕方なくとかなんとなくではなく、毎回満面の笑みを浮かべながら「アマトリチャーナ!」と言うんです。
アマトリチャーナ大好きな彼、いまも元気にしてるんかな?
ローマの郷土料理アマトリチャーナを作るとき、いつも彼のことが頭に浮かびます。(笑)
chitarra allamatriciana.jpg
【材料1人分】
キタッラ 100g
グアンチャーレ 30g
チェリートマト入トマトソース 1/3瓶
タマネギ 1/4個
EXオリーブオイル スプーン2杯
バター 10g
海塩(粗粒)、黒胡椒、白ワイン、ペコリーノロマーノ香りのEXオリーブオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の海塩(粗粒)を入れます。
フライパンにオリーブオイルを入れ、拍子木切りにしたグアンチャーレを加え弱火でじっくりと炒め充分に脂を出します。
グアンチャーレの表面にしっかりと焼き色がついたところで、薄くスライスしたタマネギを入れ中火弱で炒めます。
(グアンチャーレの脂で炒める感じです)
タマネギが色づいてきたら白ワインを加え、中火強にしてアルコールを飛ばします。
トマトソースを加え煮詰めます。
パスタをパッケージの茹で時間より1分短く茹でます。
残り1分ぐらいでお玉1杯分ぐらいパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和え、EXオイルと茹で汁、ペコリーノで味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、イタリアンパセリを飾って黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】40分
【コメント】
新しいグアンチャーレ、正直僕も高いと思うんですけど美味しいです。
今日も最初に炒めてるときに「ふわっ」と上がってくる香りがとても良くて作っててちょっと嬉しくなりました。
もう少し価格下げれればなぁ、と思いながらインポーターさんともいろいろお話しさせていただいています。
なんとかなることを願うばかりです。

コメント