スポンサーリンク

アサリと菜の花のイカスミを練り込んだ手打ちリングイーネ

イカスミを練り込んだ手打ちリングイーネを使ったパスタを作ろう&ボンゴレが食べたくなった、のであわせてみました。
最初はミニトマトをあわせるつもりだったんですけど、昨日の菜の花が残ってたので菜の花を使いました。
例によってパスタ83gは250gを3回に分けて食べるためです。
linguine nero alle vongole.jpg
【材料1人分】
イカスミを練り込んだ手打ちリングイーネ 83g
あさり 150g
EXオリーブオイル スプーン2杯
アンチョビフィレ 1切れ
菜の花 1/2束
ニンニク 1片
唐辛子 1本
塩(粗粒)香りのEXオリーブオイル、白ワイン 適量
【作り方】
あさりは砂抜きしておき、菜の花はざくざくカットします。
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の海塩(粗粒)を入れます。
ニンニクを包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きスライスします。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクとアンチョビを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにしてアンチョビを潰しながら中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
あさりを入れて中火強にして白ワインを入れフタをします。
あさりが開いたらいったんあさりを取り出し、ソースを弱火で煮詰めます。
菜の花を5分茹でます。
残り1分でパスタを入れて一緒に茹で始め、フライパンにあさりを戻しソースと同量弱ぐらいの香りのオリーブオイルをます。
フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをフライパンに加え、ソースの水分をパスタに吸わせる感じであえます。
お皿に盛りつけたら完成です。
【所要時間】35分
残ってたんで菜の花にしたんですけど、個人的には当初の予定通りトマトを使った方が良かったような気がします。
もしくは、あさりと菜の花ならイカスミじゃないパスタにするか。
美味しくない訳じゃないんですけど、菜の花の香りにイカスミのほのかな香りが負けてしまうといいますか。
彩り的にも緑より赤の方が良さげですし。
失敗というほどのものではないですが、この経験を次に生かしていきたいと思います。
次はもっと美味しく出来るようにがんばります!!!

未分類
スポンサーリンク
italiablogをフォローする
スポンサーリンク
パスタレシピとイタリア旅行のblog

コメント