スポンサーリンク

たまには温かいパスタです、カプリッチョーザのスパゲッティ

たまには温かいパスタも食べないと、ということで。
冷製パスタでも栄養には気を遣ってるつもりなのですが、冷たいパスタだとなかなか登場してこないのがキノコです。
で、久しぶりにキノコ食べたいな、と思って作ったのが本日のパスタです。
って言っても、カプリッチョーザ=気まぐれな、という意味のパスタらしく冷蔵庫にあるものいろいろ入れてみただけなんですけど。(笑)
spaghetti alla capricciosa.jpg
【材料1人分】
スパゲッティ 100g
EXオリーブオイル 大さじ2
グアンチャーレ 30g
ミディトマト 3個
タマネギ 1/4個
椎茸 1個
小茄子 2個
ズッキーニ 1/3本
ニンニク 1片
唐辛子 1本
海塩(細粒)塩(粗粒)香りのEXオリーブオイルパルミジャーノ赤ワインビネガー、イタリアンパセリ、黒胡椒 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の塩(粗粒)を入れます。
グアンチャーレは拍子木切りに、ズッキーニはいちょう切りに、小茄子は半分にカットして椎茸はやや厚めに切ります。
ニンニク1片を包丁やビンの底で潰し、皮と芯を取り除きます。
冷たい状態のフライパンにEXオイルを入れ、ニンニクを加えます。
フライパンを傾けてニンニクを揚げるような感じにして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にします。
唐辛子は縦に2つに割って種を取り除きます。
ニンニクがキツネ色になってきたらフライパンを火から外し、唐辛子を加えフライパンを回してオイルに辛味を加えます。
グアンチャーレを加え弱火でじっくりと炒め充分に脂を出します。
グアンチャーレの表面にしっかりと焼き色がついたところで、薄くスライスしたタマネギを入れ中火弱で炒めます。
小茄子、ズッキーニ、椎茸を順に加え中火で炒めます。
火が通ったところで赤ワインビネガーを鍋肌に入れます。
火を止めて半分にカットしたミディトマトを加えます。
パスタをパッケージの茹で時間より1分短く茹でます。
ソースと同量弱のパスタの茹で汁を加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和え、EXオイルと茹で汁、塩とパルミジャーノで味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】35分
【コメント】
トマトは最後に加えてパスタを和えるときの余熱だけにしたんですが、きれいに形が残ってて狙い通りでした。
普段なら赤ワインを入れるところを赤ワインビネガーにしてみました。
酸味は食欲を増してくれますのでお薦めです。
とはいえ、名前の通り気まぐれなパスタですから冷蔵庫に残っているものガンガン使って作っちゃってくださいませ。

コメント