じっくり火を通して作った伝統的なアマトリチャーナのブカティーニ

スポンサーリンク

豚の頬漬けの塩漬けグアンチャーレとタマネギのトマトソースに羊乳で作ったペコリーノ、穴の空いたロングパスタ、ブカティーニで作った伝統的なアマトリチャーナです。
シンプルな一皿ですが、グアンチャーレから出た上質の脂をタマネギが吸って美味しくなります。
僕が思うイタリア人気No.1パスタですので、ぜひ。
bucatini all'amatriciana.jpg
【材料1人分】
ブカティーニ 100g
グアンチャーレ 40g
ホールトマト 1/3缶
タマネギ 1/4個
EXオリーブオイル スプーン2杯
ペコリーノ 30g
バター 10g
海塩(粗粒)、黒胡椒、白ワイン、香りのEXオイル、イタリアンパセリ 適量
【作り方】
大き目の鍋にお湯を沸かして、沸騰したら水1Lに対して1%の海塩(粗粒)を入れます。
フライパンにオリーブオイルを入れ、拍子木切りにしたグアンチャーレを加えごくごく弱火で30分じっくりと炒め充分に脂を出します。
グアンチャーレからしっかりと脂が出たところで、薄くスライスしたタマネギを入れごく弱火でさらに40分炒めます。
(グアンチャーレの脂で炒める感じです)
タマネギが飴色になってきたら白ワインを加え、中火強にしてアルコールを飛ばします。
ホールトマトを加え煮詰めます。
パスタをパッケージの茹で時間より1分短く茹でます。
残り1分ぐらいでお玉1杯分ぐらいパスタの茹で汁とバターを加え、フライパンを細かくゆすって乳化させます。
茹であがったパスタをソースに和え、EXオイルと茹で汁、すりおろしたペコリーノで味と濃度を調えます。
お皿に盛りつけて香りのEXオイルをひとまわしして、イタリアンパセリを飾って黒胡椒を挽いたら完成です。
【所要時間】80分
【コメント】
たまに食べたくなる、飽きの来ない味わいです。
スパゲッティやペンネでも美味しいですので、お気軽にどうぞ。

コメント